艶つや習慣 ドラッグストア 薬局 病院 皮膚科

MENU

首のイボ。病院に行けば治りますか?

「角質粒」「老人性イボ」などとも呼ばれているポツポツイボ。

 

若いころには出来なかったのに、いつの間にか大きくなったり増えたりして、女性・男性問わず悩んでいる人は多いですよね。

 

みなさんはどうやってケアしていますか?

 

私は「艶つや習慣(つやつや習慣)」を見つけてから、自宅でのスキンケアで解決しています。
始めの頃は、ドラッグストアで購入できるスキンケアをシていたのですが、ダメでした。

 

でも、実は私の友人で、ケアの方法が分からず、病院に行って相談してきたという人がいました。

 

病院に行ったら簡単に解決するのか、気になりますよね。

 

簡単に解決するならそっちのほうがいいかも・・・と私も思っちゃいまして。

 

友人に聞いてみたので、皆さんにもご紹介しますね。

 

皮膚科で治療すれば、イボは完治するのか?

 

まず、このポツポツイボを診療してくれる医療機関は、皮膚科や美容皮膚科、美容外科などです。

 

イボの大きさや症状によっても治療方法が違うようですが、医療機関にある設備によっても治療方法が違うとか。

 

主な治療方法は3つで、手術的に切り取る方法、液体窒素で冷凍凝固させて取る方法、レーザーで除去する方法などがあるそうですよ。

 

ただ、手術的に切り取るとなると、よほど大きなものしか対応してくれないかもしれませんね。
小さなものを1個1個とるなんて、患者としても痛そうですし、医師にしてもキリが無くて困りそうだと思います。

 

傷跡も心配ですしね。
一気に除去するとなると、肌へも負担になります。

 

また、レーザー治療は医療機関によってあるところと無いところが分かれるそうです。
痛みは少ないそうですが、保険適用外なのでかなり高くなるそう。

 

液体窒素は麻酔無しだとかなりの痛みを伴うそうです。でも、麻酔を使うと保険適用外になるらしく、やはり高額になるそうです。

 

友人いわく、結局は病院でも簡単に処置してもらえる訳じゃないことが分かったそうです。

 

しかも、ポツポツイボって肌のターンオーバーの乱れがそもそもの原因です。
病院で一回取ってもらっても、ターンオーバーが正常化していなければ再発するんですよね・・・。

 

つまり、治療しても完治することはないということです。

 

それならば、やっぱりスキンケアを頑張るしかないんですよね。

 

私の中でも、このまま「艶つや習慣」で頑張ったほうがいいな・・・という結論に達しました。

 

角質ケアができる商品はいくつかありますが、私の中ではやっぱり「艶つや習慣」が一押しです。

 

ポツポツイボに特化しているので効果的で、しかも肌に優しい。

 

それに美肌成分がふんだんに含まれているオールインワンジェルです。
化粧水や乳液などが無くても肌に総合的にアプローチして美肌にしてくれます。

 

私の友人を含め、ケアの方法を知らなかった人や、病院に行こうと考えていた人に、まずは一度「艶つや習慣」でのケアを試してほしいな・・・と思います。